とろける軟骨ソーキが最高! 楚辺そば ~ 那覇空港近くの沖縄そば人気店

2018.08.12

旅行で沖縄に行くときは大抵午前中の飛行機で出発するので、到着するとちょうどお昼時。
着いたらまずは昼食をということで、普段は那覇空港内のその名も「空港食堂」というリーズナブルかつ沖縄感あふれるナイスなお店に入るのですが、今回は友人が知り合いから聞いたおすすめの店があるとのことで、そこへ行ってみることに。

沖縄そばと海産物料理の店 楚辺

楚辺そば外観
楚辺そば

那覇市楚辺(そべ)にある、その名も「沖縄そばと海産物料理の店 楚辺」というお店。通称「楚辺そば」。

場所はゆいレール壺川駅(那覇空港から4駅目)の近く。坂道の多いちょっと入り組んだ住宅地の中にあります。
お店の向かいに広い駐車場があるので、レンタカーでも大丈夫。

※2018年1月に訪問した時点の情報です。

古民家を改築した沖縄気分満点のお店

楚辺そばの木彫りの看板
木彫りの看板

戦後に建てられた沖縄ならではの赤瓦の民家を改築して作られたとのことで、雰囲気良すぎる外観。

入り口はこんな感じ。

楚辺そば入り口
ザ・玄関!

もうこの時点で最高な予感。

店内も座敷に長テーブルを並べた民家そのままの造りで、「夏休みにばあちゃんちに遊びに来た」的な懐かしい気分に包まれます。

塀に描かれたシーサーとキジムナーの絵
塀に描かれたシーサーとキジムナーが可愛い

とろける軟骨ソーキと優しい味のスープ

注文したのは「軟骨ソーキそば」。

ソーキ」というのは肉の部位の名前で、骨付きのあばら肉、すなわちスペアリブのことです。ソーキが乗った沖縄そばが「ソーキそば」。

単に「沖縄そば」と言う場合は、ソーキではなく、豚の三枚肉(皮と赤身と脂身が3層になった、いわゆる「豚バラ」のこと)が乗っているのが定番です。

また、ソーキにも二種類あって、硬い骨が付いたものを「本ソーキ」、柔らかくて全部食べられる軟骨付きのものを「軟骨ソーキ」と呼ぶそうです。

それにしても落ち着く店内。BGMはカーペンターズやフォーシーズンズなどのアメリカンオールディーズがずっと流れていました。待ち時間もこの雰囲気だけで楽しく過ごせそうです。人気店だけあってお客さんが次々と訪れて賑わっていますが、不思議と慌ただしい感じがしないのは、沖縄時間の魔力でしょうか。

そしてついに運ばれてきた軟骨ソーキそば。

楚辺の軟骨ソーキそば
軟骨ソーキそば!

そばとソーキが別々に出てきて、紅しょうがも自分で入れるスタイル。

なんといっても肉の重量感がすごい! これだけで単独メニューになりそうなボリュームでとろけそうな軟骨ソーキ様が皿に横たわっていらっしゃいます。

もちろん麺に乗せて食べてもOKですが、個別にそれぞれの味を楽しむこともできるという親切設計!

テーブルの上には「美味しい食べ方」的な説明(スープ飲んで生姜入れてコーレーグースー入れて……みたいな)も置いてあったりして、やはり親切が行き届いてます。

あっさりすっきりめのスープにしっかりした麺。

気になるソーキは……驚きの柔らかさと染み込んだ旨さ! 軟骨といっても普通は多少の歯ごたえというか、コリコリした感じがあるものですが、このソーキはすべてが柔らかい!
どれだけ煮込んだのかというくらいにとろとろでゼリーのようで、これはもはや極上のスイーツ……ソーキを超えてケーキの領域では……!

とろける軟骨ソーキ
至福の味。

大満足の食べごたえ。これで本当に650円でいいのでしょうか……そう、この軟骨ソーキそば、なんと650円なのです。お値段以上の倍の倍くらいの満足度の高さで通いたいレベル。

沖縄そば以外のメニューも充実

その他のメニューも充実しており、そばはジューシー(沖縄の炊き込みご飯)がセットになった定食や、大盛りにすることもできます。
また海鮮丼や刺し身、夜の定番沖縄料理も完全に美味しそう。

オフィシャルサイトにメニューと料金がわかりやすく表になっています(やはり親切設計!)ので、参考にしてみて下さい。すぐにでも行きたくなるはず。

那覇空港からゆいレール+徒歩で約25分

那覇空港から楚辺そばへのアクセスは、ゆいレールで壺川駅(所要時間9分/¥260)まで行き、そこから徒歩10~15分。
レンタカーの場合はナビに「そべそば」と入れるときっと出てきます。

また行こう。

Food食レポ

2018/02/01 (更新:2018/08/12)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく