冬の宮古島で暴風吹き荒れるパイナガマ~トゥリバー散歩(宮古/池間島宿泊記・前編)

※旅行を計画される場合は必ず現地の自治体や施設が発表している最新の情報、観光の受け入れ状況、渡航自粛要請の有無などを事前にご確認ください。

2019年の12月に池間島に泊まったときの思い出話です。

宮古島から橋を渡って行ける島が四つあります。そのどれもが美しい海と自然にあふれた見どころ満載の島なので、それぞれの島の宿に泊まってみようと、2019年の8月に伊良部島(いらぶじま)と下地島(しもじじま)、10月には来間島(くりまじま)に宿泊しました。

そして残るは池間島(いけまじま)。こうなったら年内に実現させたい……というわけで、12月に計画を実行。さすがに海で遊ぶ季節ではないので、宿と飲食メインで楽しもうと。移動の都合上、宮古島で一泊してから池間島に向かうスケジュールにしました。

というわけで、まずはその前編、初日の宮古島でのレポートです。

記事内の情報は2019年12月の訪問時および2023年1月時点で確認できたものになります。タイミングによって状況が変わっている可能性があります。実際に訪問される際は最新の情報もあわせてご確認ください。


ジェットスターで冬の宮古島へ

下地島空港に着陸したJetstar機
雨の下地島空港

出発は成田空港から。

早朝発のジェットスターで下地島空港に到着し、バスで宮古島へと移動します。わかっていたけど天気は小雨に強風……。

直前予約のときは基本的に天気を調べてから取るのですが、このときはスケジュール的に年内だとここしか無理、というタイミングだったので荒天予報でもやむなく決行したのでした。

2022年の冬期はジェットスター成田-下地島、運休になってしまいました(23年夏期は復活します)。朝早いですが10時過ぎに現地に到着できるの本当にありがたいので来期は通年運航しますように。

ひとまず食事をということで、市役所前バス停(2021年に庁舎が移転して今は「北小前」に名前が変わっています)で降りて、くになか食堂へ。天ぷら屋さんとして有名なお店ですが、宮古そばも美味いですね。

くになか食堂の宮古そば
くになか食堂の宮古そばと天ぷら

葉野菜が入ってるのが良い感じ。

パイナガマビーチからトゥリバーマリーナまで歩く

冬のパイナガマビーチ
パイナガマビーチ

ホテルのチェックイン時間まで周辺を散歩することにしました。パイナガマビーチの西側の森みたいになっている部分(パイナガマ岬というらしい)の遊歩道を初めて歩いてみます。緑に囲まれた細い道が岬の端のほうまで続いており、なかなか良い雰囲気。

「パイナガマ」は漢字で書くと「南長浜」らしいです。なるほどね。
パイナガマ岬の遊歩道
パイナガマ岬の遊歩道

しばらく歩くと東屋があって、そこから海側の岩場に出られるのですが……凄まじい強風で恐怖を感じるレベルだったので即座に引き上げました。遊歩道の中に戻ると途端に風が静かになって、防風林の偉大さにあらためて気付かされます。

パイナガマ岬の東屋
晴れてたら雰囲気良さげな場所ですが…
荒れる冬の宮古島の海
荒ぶる海
パイナガマビーチを海側から眺める
パイナガマビーチを海側から眺めるのは新鮮

天気は相変わらず霧雨が降ったり止んだりという感じ。風が強すぎてもはや傘は役立たずなので、諦めてそのまま歩きます。

岬を廻って遊歩道の西側に出ると、パイナガマ海空すこやか公園があります。いつもは子供連れファミリーで賑わってるイメージですが、この天気だとさすがに無人です。

パイナガマ海空すこやか公園の遊具
一応「MIYAKOJIMA」の文字が入ってるので記念に

さらに歩いて歩いてトゥリバーマリーナへと向かいます。

伊良部大橋が見えてきた
伊良部大橋が見えてきました
トゥリバーへと渡る南美海橋からの入江の景色
入江にかかる橋(南美海橋/みなみばし)を渡るとそこがトゥリバー

雨は収まってきたものの、海側に出たので風はますます激しく吹き荒れまくり。

そんな暴風の中、絵になる野良犬が2匹。

トゥリバーマリーナの犬たち
椰子の木がいい味

宮古島は保護犬活動が進んでいると聞いたことがあります。今もどこかで元気に暮らしていますように。

トゥリバーマリーナは、ダイビングやパラセーリングなどマリンアクティビティ系のツアー船が多く出ている場所。

この辺一帯が「トゥリバー地区」と呼ばれリゾート計画のための開発が進められており、人工ビーチによる広い海水浴場もあります。ビーチ周辺からは伊良部大橋も綺麗に見えて、夕日スポットとしても人気。

トゥリバーから伊良部島方向の眺め
今日はこんな天気ですが……
2023年にはこのエリアに巨大なヒルトンホテルもオープンする予定になっています。「トゥリバー」とは宮古島の言葉で「静かな、のんびりした場所」みたいな意味らしい。

マリーナから真っ直ぐ伸びた防波堤の先には灯台があります。パイナガマビーチ側からいつも遠目に小さく見えていて、ずっと気になっていたので行ってみることにしました。

トゥリバーの防波堤
トゥリバーの防波堤

遊歩道のようになっていて綺麗に整備されてはいるのですが、やはり海風がやばいので、一段低いところをゆっくり慎重に進んでいきます。

トゥリバーの防波堤(マリーナ側)
各所に屋根付きの東屋があるのは日差しとスコール対策らしい。海の上は天気変わりやすいですからね

なんとか無事に灯台に到着。

平良港トゥリバー北防波堤灯台
平良港トゥリバー北防波堤灯台

座って休憩もできる感じになっており、天気の良い穏やかな日であればとても気持ちよさそうな場所です。いつか再訪したいところ。

さてそろそろホテルのチェックイン時間ということで、来た道を戻りましょう。

トゥリバーの犬たち2
帰りも彼らに遭遇……お元気で

ホテルローカスにチェックイン

初日の宿は宮古島の中心市街地から海沿いへと出たところの、パイナガマビーチのすぐ近くにあるホテルローカス(HOTEL LOCUS)にしました。カジュアルでミニマルでスマートで、適度にリゾート感もある良いホテル。手頃な価格のシングルルーム(コンパクトルーム)もあって立地も良いので、気に入ってリピートしてます。

ホテル ローカス
ホテル ローカス

結構疲れたので夜までホテルでゆっくり過ごすことに。パイナガマビーチ前のファミリーマートでナッツとWATTAを買って、ホテルにチェックインしました。

ローカスのコンパクトルームはその名の通りのコンパクトサイズで、部屋の大部分はベッド、その奥の窓辺にデスク、という造り。窓からは平良港が見えます。

ホテルローカスのコンパクトルーム
ローカスのコンパクトルーム

少々狭いですが、身軽な一人旅にはこれで充分。設備は綺麗でアメニティも洒落てるので満足度も高く快適です。

逆に荷物が多い方にはコンパクトルームは不向きかも。普通に広い部屋もあるので、部屋の種類は予約時にしっかり確認を。

喜山で宮古民謡の夜

一休みしたら夕食へ。ホテルから西里通り(宮古島の市中心部の繁華街)まで、歩いても10分程度なので徒歩で向かいました。

入ったのは民謡ライブ居酒屋の喜山。宮古諸島の民謡をしっかり聴かせてくれる(沖縄の定番曲だけじゃなく)のと、カウンター席があって一人でも過ごしやすいのが気に入って、何度か利用しているお店です。

喜山の海鮮サラダ
ハーフサイズがあるのが嬉しい海鮮サラダ。ハーフサイズでもこの量

料理とライブはもちろんのこと、隣の席にいた東京から一人で来ていた爺様がかなり酔って上機嫌であれこれ報告してくる(パックで35,000円で来たとか今日はモンブラン号に乗ったとかetc…)のが面白くて、退屈知らずの楽しい夜でした。

伝統の宮古そばとバナナケーキ

菊栄食堂
菊栄食堂

翌朝、ホテルをチェックアウトして歩いて朝食へ。前から気になっていた平良港近くの菊栄食堂に入ってみました。

昔ながらの港の食堂という感じで、地元のおじーたちも次々やってくるようなお店。

ここでは、麺の下に具材を隠す伝統的なスタイルの宮古そばがいただけます。

菊栄食堂の宮古そば
菊栄食堂の宮古そば

テーブルにはカレー粉。これも宮古島ならでは。隣の席のおじさんはカレーライスに「追いカレー粉」して食べてました……異文化!

食後のデザートはそこから歩いてすぐのモンテドールへ。宮古島土産の定番「バナナケーキ」で有名なお店ですが、イートインもあってアイスクリームやコーヒーがいただけます。

モンテドールでアイスクリーム
バナナとカカオのアイスクリーム
モンテドールのクリスマスツリーはバナナ仕様
クリスマスツリーもバナナケーキ仕様!

モンテドールはその後店内改装されておしゃれな感じになってます。イートインは今でもやってるはず。

今日はいよいよ池間島に宿泊。天気が良ければレンタルバイクを借りて原付で行きたかったのですが、まだまだ小雨と暴風が収まらないため、原付はあきらめてバスで向かうことにしました。

というわけで、後編・池間島編に続きます。

Travel沖縄宮古島

2023/01/26

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

人気記事

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく