はじめてのドリアン……をビールを飲んだ後に食べてしまった(本当は良くないらしい)話

代々木公園で毎年開催されているタイフェスティバル
熊本に住んでいた頃からずっと行きたい行きたいと思っていたのですが、先日ついに行くことができまして、様々なタイ料理と様々なアーティストのステージを2日間大いに楽しみました。

タイフェスでドリアンを発見

タイフェスティバル2019@代々木公園
タイフェスティバル2019@代々木公園

天気も良く暑い日で、タイ料理は唐辛子の効いたものも多いので、朝からシンハービールとチャーンビールを交互に買っては飲んでいたわけですが。

そろそろ食後のデザートが欲しい、ということで、フルーツを売っているエリアに行ってみると、ドリアンが売っているではありませんか!

あらためて説明するまでもなく、ドリアンといえば「強烈な異臭がする果物」として有名……しかしその味は「果物の王様」などと呼ばれるほどに美味だと言われる熱帯のフルーツです。

前々から食べてみたいと思っていたのですが、タイに行った時も台湾に行った時も機会がなく、日本でも普通に生活していたらまず見かけることもないので、結局ずっと未体験のままだった……あのドリアンが、ついに今、目の前に!

タイフェスティバル2019のフルーツ売り場・SEM

よし買おう、と思って屋台に近づくと何やら貼り紙が。

「ビールを飲んでいる人は食べてはいけません!」

……!?

なんということでしょう……。

ドリアンとビールの組み合わせは危険!?

一体全体どういうことかと、即座にiPhoneを取り出しGoogle検索すると、出てくる出てくる……確かにそういう情報が……

“ドリアンの成分とアルコールが体内で化学反応を起こして気体が発生するため内臓が膨らんで破裂してヤバい!

“ドリアンはかなり高カロリーで甘いためアルコールの力も加わって血糖値が急上昇して体温も超上がってヤバい!

“実際にそれで死んだ人もいる! ヤバい!

タイの保健省も警告を出している!

などなど。

タイでは広く知られている話で、保健省が警告を出してるというのも事実のようです。なるほどこれは確かにヤバそう。

タイ保健省(MOPH)の広報ツイッターより。

ただ、調べていくと、

・医学的には因果関係は証明されていない
・死んだ人はもともと持病などがあり、それが原因になった可能性が高い
・少量なら問題なさそう

とのことで、それならまあ一切れくらい大丈夫だろうと。

意を決して購入〜

はじめてのドリアン実食

カットドリアンを購入

1カットで500円でした。丸ごと買うと4〜5,000円します。

臭いは確かに独特で、なんとなくガス燃料(都市ガス・プロパンガス)っぽい、でもそれなりに甘いフルーツらしさも漂っている不思議な感じ。個人的には全然平気なやつでした。

ただし最近は品種改良で臭い抑えめのドリアンも流通しているらしいので、実際にはもっと凄いやつがあるのかもしれません。(参考:ドリアン – Wikipedia

味は……メロン? いや、メロンクリーム?

ドリアン実食
食感は繊維が多くて柔らかいバナナという感じ。

王様と呼ばれるだけあって、納得の高級感ある濃厚な甘さ! なるほどー! なるほどー! と頭の中で長年の謎が解けていく感じの味わいでした。これは好きな人はハマるのわかりますね。

無事に食べ終えて、すぐにビールはさすがに怖いので、ココナッツウォーターを購入。

ココナッツウォーターで水分補給

もうすっかり夏です。

おわりに

それにしてもタイフェスは楽しい。毎月やって欲しいくらい。

この手の世界文化系フェスは、食べ物もちゃんと値段相当のものが出てきて満足度高いイメージ。客層も日本の普通のお祭りとは違って、やはりそれなりに異文化への興味や理解のある人たちが中心になるので、大混雑している割には治安が良いのもポイント。みんな楽しそうでなによりです。

ドリアン食後も特に体が膨張したり破裂したり発熱したりすることもなく、最後はラープとソムタムとチキンとカオニャオにチャーンビールで締め。その後の経過も問題なし。めでたしめでたし。

また機会があれば、次はビール無しの万全の状態で食べてみたいと思います。

というわけで、ドリアンとビールの組み合わせには注意が必要らしい! でも少量なら大丈夫だった! ただし実行は自己責任で! という話でした。

Food

2019/07/04

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく