【横浜でウチナー】鶴見の沖縄タウンで沖縄そば屋をめぐる

2021.07.01

※旅行を計画される場合は必ず現地の自治体や施設が発表している最新の情報、観光の受け入れ状況、渡航自粛要請の有無などを事前にご確認ください。

横浜市の鶴見区は、戦前から多くの沖縄出身の方々が移り住み、沖縄の暮らしや文化を受け継ぎ守ってきたことから「沖縄タウン」とも呼ばれています。

自分が横浜に引っ越してきて間もない頃、その鶴見区の入船公園で開催された「鶴見ウチナー祭」というイベントにBEGINが出演するとのことで観に行ったことがありました。しかしそのときはイベントだけで帰ってしまったので、沖縄タウンがどういう場所なのかはわからぬまま、その後も訪れる機会がなく。

そして今。なかなか沖縄に旅行に行けない間、近くで沖縄気分が味わえる場所やお店を探し求めていたわけですが、そこで思い出したのです。横浜には鶴見区がある!

ということで、あらためて調べて行ってみたところ、それはそれは素晴らしく沖縄な場所で、すっかり気に入って通うようになったのでした。

おきなわ物産センター
おきなわ物産センター

実際のところ、そんな大々的に沖縄感を打ち出しているわけでもなく、「おきなわ物産センター」がある仲通商店街を中心に、沖縄料理店が数軒点在している、といった感じなのですが、その自然さがむしろリアルな沖縄というか。観光スポットとしての沖縄ではなく、沖縄の日常感が漂っているのですね。

そんな鶴見沖縄タウンで沖縄気分を味わうなら、まずはやっぱり沖縄そば! というわけで今回は、仲通商店街周辺にある3つのお店で沖縄そばを食べてきたのでご紹介します。


沖縄そばヤージ小(やーじぐゎー)

沖縄そばヤージ小(やーじぐゎー)
沖縄そばヤージ小

JR鶴見線・弁天橋駅から仲通商店街方面へ歩いて7~8分ほどで、最初に見えてくる沖縄そば屋が「ヤージ小(やーじぐゎー)」。

1955年創業の老舗で、自家製麺による沖縄そばとチャンプルーなどの沖縄料理を提供しています。

とにかく人気で、行列ができていることも多いです。お店の前に並んだ椅子に座って順番を待ちましょう。

ヤージ小外観
わかりやすい看板

雰囲気はまさに昔ながらの町の食堂。テイクアウトのお客さんも多く、とても活気があります。

ソーキそばを注文しました。ソーキが立派!

ヤージ小のソーキそば
ヤージ小のソーキそば

麺は縮れのない細めの平麺でなめらかかつコシがある。すごく好みのタイプです。スープは白っぽい色でしっかりだしが効いた感じ。美味い! 紅生姜は好きなタイミングで自分で入れます。

人気も納得の間違いない美味さ! メニューも豊富なのでいろいろ試したいです。

てぃんがーら

てぃんがーら
てぃんがーら

おきなわ物産センターのすぐ隣にある沖縄そばのお店が「てぃんがーら」。

以前は別の食堂だったそうですが、2020年の秋から今のお店になったようです。

雑貨ややちむんの器なども売ってあり、お店の奥のほうが飲食スペースになっています。きれいで快適な店内。

てぃんがーら店内
やはりこういう空間は楽しくなりますね。

ソーキと三枚肉の両方が乗った「おきなわそば」とジューシーを注文しました。

てぃんがーらのおきなわそば
てぃんがーらのおきなわそば

麺はおきなわ物産センターの工場で生産している麺のようで、ちょっと波打って歯ごたえのある細めの平麺。スープは透明感あるあっさり系。紅生姜は別皿で出てきます。

落ち着く感じの美味しさでした。内装も含めて沖縄旅行気分は一番味わえるかも。

ゆうなの花

ゆうなの花
ゆうなの花

おきなわ物産センターとてぃんがーらの間を入ったちょっと目立たない場所にある「ゆうなの花」。

外観も内装も昭和の小さな喫茶店といった感じで、リアルに那覇の裏通りに迷い込んだような雰囲気があります。

ソーキそばとタコスを注文しました。

ゆうなの花のソーキそば
ゆうなの花のソーキそば

ずっしり食べごたえのあるソーキが嬉しい。透明感のあるスープもいい感じ。ネギたっぷりで紅生姜は最初から乗ってます。

そしてタコスがまた美味い。これは頼むべし!

ゆうなの花のタコス
タコス最高!

ハマる人はハマる空間だと思います。

まとめ

以上、鶴見沖縄タウン、仲通商店街周辺の沖縄そばが美味しい3つのお店のご紹介でした。どの店もそれぞれに個性と魅力があって、食べ比べも楽しいかと思います。

仲通商店街の最寄り駅はJR鶴見線の弁天橋駅もしくは浅野駅になります(鶴見駅からだと結構歩きます)。駐車場はコインパーキングがいくつかあるようです。バイク・自転車は弁天橋駅近くに有料の駐輪場があります。

商店街の周辺や鶴見駅近くには良さげな沖縄居酒屋などもあり、いつか夜にも訪れてみたいところ。

また鶴見には南米関係のお店も多く、そちらを巡ってみるのもまた楽しそうです。

なぜ鶴見に沖縄からの移住が多かったのかの理由は、明治末期に起きた南西諸島での経済恐慌が背景にあり、そうした苦難の歴史についても興味がある方は学んでおくとよいでしょう。南米関係のお店が多いのもちゃんと理由があります。

首都圏で気軽にリアルな沖縄気分が味わえる鶴見沖縄タウン。沖縄好きの方はぜひ訪れてみてください。

ではでは。

Food行った店Travel沖縄

2021/06/30 (更新:2021/07/01)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

人気記事

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく