台湾のコンビニで買えるおすすめ食品3選 ~ 茶葉蛋・芭樂・科学麺

2018.02.22

海外旅行先での楽しみの一つが「コンビニに行くこと」。
その土地ならではの商品を見つけたり、逆に世界共通の部分に気付かされたり、様々な発見があって面白いのです。

先日3年ぶりに台湾を訪れて、久々の便利商店めぐり(便利商店=コンビニのこと)を楽しんだのですが、やはり楽しかった!

というわけで、台湾のコンビニで売っている、台湾ならではの楽しい食べ物を3つご紹介します。

台湾のコンビニといえば謎の卵「茶葉蛋(チャーイェダン)」

台湾には日本とほとんど同じような外観でセブンイレブンやFamilyMartが街の各所にありますが、実際に中に入ってみると、一瞬で「ここは日本じゃない」と実感させられます。その理由は店内に漂う独特の香り。

どこから匂って来るかというと……これだっ!

茶葉蛋

謎の黒い液体に卵が大量に入っており、この装置が大抵どのコンビニにも設置されています。日本のコンビニにおけるおでんのような感じ。

ちなみにおでんも台湾のコンビニでは「関東煮」という名前で売られています。

これは「茶葉蛋(チャーイェダン)」という台湾式の煮卵で、名前からもわかるようにお茶の葉でゆで卵を煮込んだもの。その香り付けに使われる八角(はっかく)という香辛料が、独特の匂いの元になっています。

八角の匂いは言葉で説明するのがなかなか難しく、香ばしい歯磨き粉というか、ミントのエキゾ版というか、とにかく独特の強い香りで個人的には大好きですが、苦手な人も結構いるみたい。中華料理でよく使うので日本のスーパーでも大抵売っています。

そんな茶葉蛋、台湾では定番の軽食として大人気で、とにかくよく売れるのだそう。それは食べてみなくては!

ということで、初めて台湾に来た時からずっと気になっていた茶葉蛋、ついに買ってみました。

自分でトングで卵を掴んでビニール袋に入れてレジへと持っていく方式で、10元(日本円で約38円※2018年2月現在)。安い!

食べてみると、しっかり味と香りが染み込んだ普通に美味しい煮卵でした。確かにこの値段でこの味なら日常的に買いたくなるかも。

茶葉蛋をついに購入
これはハマる

ちなみに自宅でも茶葉(烏龍茶でも紅茶でもジャスミン茶でもいいらしい)と八角と醤油と卵があれば作れるらしいので、いつか試します。

グアバ(芭樂)がカットフルーツで売られている

南国だけあってトロピカルなフルーツも充実している台湾。
コンビニのデザート売り場にも、透明プラケースに入った様々なカットフルーツが売られています。

その中に、日本では見かけない謎の緑色の果物が。
前回来た時にも全く何かわからないまま買って食べたのですが、あとで調べたところ、実はこれはグアバ! 台湾での名前は「芭樂(バラー)」。

台湾のグアバ
コンビニでグアバが買える!

実が緑色のものとピンクのものがあり、セットになっているのを買いました。

ケースを開けると謎の小袋が入っています。これは梅の粉末で、これを付けて食べるのが美味しい食べ方。
グアバ自体はかなり薄味なので、酸味をプラスしてあげるわけですね。

グアバにかける梅の粉末
グアバにかける梅の粉末

食感は固いリンゴというか、水気のない梨というか……パサパサしてるのだけど妙にすっきり爽やかで、熱帯の気候によく合う感じ。気づいたらずっと食べ続けてしまいます。

しっかり量が入って46元でした。

頭が良くなる科学麺

コンビニといえばインスタント麺!

台湾のコンビニにも様々なカップ麺や袋麺が売られていますが、その中で一際異彩を放つ、謎の博士のイラスト……!

科学麺
科学麺

そして商品名を見てさらなる衝撃……その名も「科學麵(科学麺)」! サイエンス!

前に買ったときはパッケージの裏に様々な科学の豆知識的な絵が載っており、一種の知育菓子か……と思っていたのですが、今回買ったものの裏はこんなでした。

科学麺の裏側
スピリチュアル…。

よくわかりませんね。これも値段は10元。

袋を開けるとスープと思われる粉末の入った小袋が入っています。
お湯をかけてインスタントラーメン的に調理しても良さそうですが、ネットで調べてみると、なにやら台湾の人たちは別の食べ方をしているらしい……?

科学麺を開封

麺を砕いて……スープの粉を入れて……振る!

いわゆるロッテリア方式でフルフル科学麺した結果、ベビースターのようになった科学麺が出来上がりました。まさに科学の力!

科学の力で変化した科学麺
科学の力で変化した科学麺

これをスナック菓子として食べるそうです。塩胡椒が強烈……台湾ビール必須です。

まとめ

以上、台湾のコンビニで買えるおすすめ面白食品3選でした。

コンビニといえばお菓子類も欠かせませんが、それはまた別の機会に。お菓子はわりと日本企業の商品が広く普及しているようで、ポッキーとかコアラのマーチとかカラムーチョとか、日本と変わらないものがそのまま売ってあったりします。
シュークリームのミニ版みたいなクリームパフのやつはおすすめ(商品名忘れた)。

どうやらAmazonでも買えるらしい…

FoodTravel台湾

2018/02/03 (更新:2018/02/22)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく