ソラシドエアの機内誌「ソラタネ」が素晴らしい

2019.01.27

飛行機の中での過ごし方といえばkindleで本を読むか、ブログの下書きをするか、(旅行帰りの場合は)旅先で撮った写真の整理をするか、が定番なのですが、それに加えて外せないのが機内誌のチェック。

航空機内に置いてあるものなので内容もやはり旅行に関するものが中心で、旅行雑誌好きとしては見逃せません。

とは言ってもあくまで無料配布の冊子ですし、航空会社によっても差はあれど、大抵は一瞬で目を通してしまうのですが、たまにじっくり読みたくなるような当たりの記事があると嬉しいものです。


ソラシドエアの機内誌「ソラタネ」

羽田と九州を行き来する際にソラシドエアをよく利用するのですが、ソラシドエアの機内誌「ソラタネ」がとても良くて。

基本的に毎号2つの特集がメインで、一つは「新しい実りを見つける旅」というソラシドエア就航地に関連するエリアの街歩き系記事。もう一つが同じく就航地の名物料理をピックアップした「三ツ星グルメ案内」という特集になっています。

最新の12月号は「新しい実りを見つける旅」が鹿児島県の霧島、「三ツ星グルメ案内」が名古屋の台湾ラーメンの特集でした。

これがどちらも丁寧な内容で読み応えあって素晴らしい。

ソラシドエアは本社が宮崎県にあり、九州の空港を中心に就航しているので、必然的に九州関係の特集が多くなります。自分が九州に縁があるので楽しく読めるという部分もありますが、それを抜きにしても市販の旅行専門誌と比べて全く負けず劣らずのクオリティー。

特に「三ツ星グルメ案内」はお店のレポートから雑学的情報、インタビューまで揃った充実の内容で毎回最高なのです。愛を感じる。

機内Wi-Fi「ソラタイム」でバックナンバーが読める

そんな機内誌「ソラタネ」、座席ポケットにはその月の最新号が入っていますが、過去の特集も読みたい! と思ったら……

ソラシドエアには機内で利用できるWi-Fiサービス「ソラタイム」というものがあり、そこで「ソラタネ」のバックナンバーを読むことができます。さすがすぎる。

ソラタイムは機内モードの状態でスマホのWi-Fiの設定メニューを開き、「Solaseedair」に接続。その後インターネットブラウザ(SafariとかChromeとか)を開いて画面を再読み込みすると、ソラタイムのトップメニューが表示されます。

旅行に行くときはkindleに旅行に関する本や雑誌をダウンロードしておいて機内で読むのが好きなのですが、機内Wi-Fiであれば事前にダウンロードしておく必要もありません。これだけ充実した内容が無料で読めるのはありがたすぎ。

で、お店やスポットの紹介など、実際に行く際に見返したくなるような内容も多いので、これ地上でも読みたいな〜などと思って、気になるページをスクショしたりしていたのですが……その必要はなかった!

地上でも公式ウェブサイトで読める

なんと「ソラタネ」の公式サイトがあり、バックナンバーが読めるようになっているではありませんか!

しかも誌面そのままではなく、ちゃんとウェブサイト用にテキスト表示が最適化されています(スマートフォンだと写真が小さくなってしまうのだけが惜しいところ)。さすがすぎる。

というわけで、よくあるキュレーション系旅行サイトとか、バズ狙いの愛が感じられないグルメ記事サイトなんかより遥かに読む価値ありなので、普通にサイトとしておすすめです。

まとめ

ソラシドエア機内ドリンクサービスのハーブティー
機内サービスで提供されるハーブティーも楽しい

というわけで、ソラシドエアの機内誌「ソラタネ」についてご紹介しました。

ソラシドエアはLCCほど格安ではないものの、JALやANAなどの大手に比べると手頃な価格設定の航空会社。関東でも成田ではなく羽田から乗ることができるので便利です。

機内では無料のドリンクサービスもあります。

九州に行く機会などがあれば是非利用してみてください。

Travel

2019/01/20 (更新:2019/01/27)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく