リモートワーク1周年 ~ 生活の変化と振り返り

2021.04.05

仕事がリモートワークになってから、気づけば1年が過ぎました。

あまりにも早い1年間でしたが、あっという間に世の中も生活もすっかり変わってしまいましたね。

幸いなことに自分の今の仕事はほぼパソコンとインターネット上で可能なものであったので、リモートワークへの移行も特に問題なくあっさり対応できてしまったのですが、それにあわせて自宅の設備や生活スタイルを変えた部分は当然あります。

この1年で何が変わったのか、ゆるゆると振り返りつつ記録しておこうと思います。

ギターの弦を張り替える

ギターの弦の張り替え中の写真

自分の場合、もともと孤独が好きというか、人と会わなくても全然大丈夫なタイプなので、メンタル部分はそれほど気にしていませんでした。おひとりさま最強の時代が来た、などと思ったりもしたものです。

職場も少人数の静かな静かなオフィスで、また外部の人と対面で会ったりすることもほとんどなく、飲み会も年に1~2回しかやらないような環境だったので、ある意味では最初からソーシャル・ディスタンシングではあったのです。

とは言っても、休みの日には旅行に行ったり、外食したり、ライブやイベントに行ったりはしていたわけで。そういったことが今後しばらくできなくなる、というのはやはり不安ではありました。

そこで、自宅でできる趣味の質を高めるべく、ギターの弦を張り替えました。新しい弦に張り替えると、音が良くなってモチベーションが上がるのです。

ギターというものは、ある程度コードがわかって弾けるようになると、いわゆる「練習」的なことをしなくても新しい曲を単純なコードの組み合わせで「それなりに」弾く、ということは可能になるのですが、せっかく自宅での時間が増えるので「練習」しないと弾けない曲をやろう、と。これまで弾いたことがなかった複雑な和音の曲を選んで練習を始めたりしました。

複雑な和音といえば、やはりブラジル音楽。ミルトン・ナシメント、ジョアン・ボスコの曲などを練習しています。ロック・ポップス系だと、ビーチボーイズ。

音楽という趣味があって良かったと、あらためて実感した1年ではありました。

食事と運動

カオマンガイ

外出自粛によってメンタル面よりも確実に自分には影響がありそうだったのが、運動不足。

以前も特に何か運動をしていたというわけでもないのですが、徒歩通勤だったので、まず歩く機会が大きく減ってしまいました。

これはいかんぞと、早起きして近所を散歩する……なんてことを去年の春頃はそういえばやっていたのでしたが、暑い季節になるにつれフェイドアウト。これはいかん。

最近は毎日ちょっとした筋トレ的なことを自宅でやってみたりはしているものの、運動に関しては今のところ要改善、大いに問題あり、という感じです。

同じく健康面に直結する食事については、もともとほぼ毎日自炊で玄米、鶏、魚、野菜、オリーブオイルが中心の生活なので、それなりに気を使った食生活をしているほうだとは思います。

基本的にこの本の内容をベースにした食事にしています。

だがしかし、不要不急のなんちゃらで買い物も3~4日おきに、みたいな状況になった際には、やはりいろいろと工夫を要しました。

それまでは毎日仕事の帰りにスーパーに寄って、サラダと翌朝のパンを買って、みたいな感じだったのが、3日分まとめ買いが基本になり。レジ袋有料化でエコバッグ用意しないと、みたいな変化もありましたね。

そんなこんなで、在宅勤務の合間にとる昼食は手軽な冷凍食品に頼ることにして、朝食はオールブランとヨーグルト(ダノンビオ派です)、夜はサラダ1袋(2~3人前と書かれてるサイズを一人で食べてます)と自炊した料理と玄米、というのがこの1年で定着した基本メニューになっています。

オールブランはこのナッツ入りが最強。

秋以降は、休みの日にはできるだけ好きな(閉業してほしくない)お店で外食をしようと、中華街や沖縄料理屋に行って高カロリーな豚肉や麺を食べ、ビールや泡盛を飲んだりもしているので、決して禁欲主義というわけでもなく、自分的にはわりと良いバランスなのではないかと思っています。お試しください。

棚を買う

IKEAの棚とタオル椅子

自宅にいる時間が増えるということで、部屋をより快適に整えるべく、IKEAの通販で棚とバスタオル用の椅子(?少々説明が難しい……)を買いました。かなり気に入っています。

一方で、在宅勤務になったにも関わらず、椅子は相変わらずカフェの屋外テーブル用みたいなイメージで買った、同じくIKEAの木の椅子を使い続けています。我ながらよく腰を痛めないものだ……。

あまり部屋にゴツい椅子を置きたくないんですよね……在宅勤務とはいえ自宅がいかにもオフィスみたいな雰囲気になるのも微妙ですし。いつか腰を痛めた暁にはブログ記事にすると思いますのでご期待ください。

やちむんの食器を買う

やちむんの食器

沖縄旅行に行けなくなったので、自宅で沖縄気分を味わうために、やちむん(沖縄の焼き物)の器を通販で買いました。とても気に入っています。

やちむんは繊細な素材であるため、取り扱いにも気を使う必要があり、そんなところも在宅時間の質を高めてくれる一つの価値になっている気もします。「大事にしたいもの」が増えるということは精神的に確実にプラスになるので。

やちむんはいいぞ。

GoToトラベル

マスクをした宮古島まもる君

もともとこのブログでよく読まれていた記事も旅行関係のものが多かったため、コロナで旅行自粛の空気が広がって以降、ブログのアクセス数にもはっきりと影響が表れました。

GoToトラベルキャンペーンは施策としては非常に良いものだと個人的には思っていますが、人の移動なので当然リスクはありますし、利用する側も常に状況を見ながら動かねばならず、スタートや停止のタイミングも微妙だったりして、結局なんとなく取り扱い注意案件みたいな感じになってしまったのは残念でした。

ただ、実際に去年の秋に何度か利用してみて思ったのが、観光に力を入れている地域ほど対策もしっかりしている、ということで。ホテルも飲食店もタクシーの人も、絶対に出さないように、広げないようにしながら、生活のためになんとかやっていこうとしていたわけで、そういった現地の人たちの努力も無視して、気安く「旅行は悪!」「GoToやめろ」と言いまくってたような人はまあ鬼だなとは思いました。

GoToで感染が全国に拡大したと主張する人もいますが、旅行(移動)した人が現地の人と交流したり密になるリスクは観光旅行よりも長距離の通勤とか出張とか帰省とか(要は行った先に親族や知り合いや仕事相手がいるパターン)のほうがよっぽど高い気がするのですよね。もちろん関連性がゼロということはないでしょうし、感染が増えてる時期や地域では停止すべきだと思いますが、その他の移動を停止していない以上、正確な検証はもはや無理ではないかとも思います。

(そしてGoToトラベル停止して3ヶ月経った今また波が来てるところを見ても……)

個人的には一人旅限定での支援策とか、そういうのをやってほしいところです。

一人旅や孤食が一気に広まって増えるかと期待したのですが、今でも特に増えたような印象はないですよね……。たまに外食とかしてみても、自分以外みんな二人連れ以上というパターンが相変わらず多いです。もっと推奨してほしい。

まとめ

というわけで、全然まとまりなく、思いつくままに書き並べましたが。数年後に見返して「ああ、あの頃はこんなだったな」と懐かしむ記録になればそれでよいなと。

来年度の目標としては、やはり運動不足解消のための生活習慣の確立と、ブログの更新頻度を上げることですかね。

それではどちら様も楽しくお気をつけて。

Daily Life

2021/03/31 (更新:2021/04/05)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

人気記事

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく