来間島に泊まってみた 〜 RuGuでグランピングとバーベキュー

2020.12.02

※旅行を計画される場合は必ず現地の自治体や施設が発表している最新の情報、観光の受け入れ状況、渡航自粛要請の有無などを事前にご確認ください。

2019年9月に訪れた時のレポートです。

宮古島から橋を渡って行ける島は、伊良部島~下地島、池間島、来間島の4つ。

夏に伊良部島と下地島のホテルにそれぞれ泊まって楽しかったので、いつか池間島と来間島にも泊まってみなくては、などと考えるようになりました。

そんなある日、九州の旅行仲間たちが「宮古島へ行きたい」と言い出したので、計画を立てることに。

それまで宮古島へ行くときは毎回一人旅だったので、今回が初のグループ旅行。それなら一人旅ではできないことをやろう、ということで思いついたのが、グランピングとバーベキューでした。

グランピング(Glamping)とはグラマラス+キャンピングに由来する言葉で、言うなれば優雅なキャンプ。テントを張ったり自分たちで火を起こしたりといった、キャンプ本来のハードな部分をリゾートホテル的な華やかさに置き換えたようなイメージで、自然の中で自然を楽しみながらも快適に贅沢な時間を過ごせるスタイルです。
Glamping – Wikipedia

宮古でグランピングとバーベキューといえば……来間島の「RuGu」で決まり!

というわけで、完璧なタイミングで来間島に泊まる計画が実現したのでありました。

この記事内の情報は2019年9月に訪問した際の体験を元にした内容です。実際に訪れる際は最新の情報もあわせてご確認ください。


出発

下地島空港への着陸
これが見たくて毎回窓側を予約します。

当日朝10時、成田からのジェットスターで下地島空港に到着。
バスで平良の市街地まで移動し、午後に九州組が宮古空港に到着するまで、周辺を徒歩でめぐって時間をつぶします。

まずはやっぱり漲水御嶽と宮古神社にご挨拶。良い旅になりますように。

くになか食堂でそば食べようと思ったら閉まってたので、公設市場へ。紅芋屋さんでぜんざい。お店の人がおすすめの店や宮古島の昔の話などいろいろ教えてくれたり、通りすがりのおばさまがお菓子をくれたり、楽しかったので長居してしまいました。気づけばもう九州組到着の時間。

バスで宮古空港へ移動し、合流してからレンタカー屋へ。車を手に入れて、いざ来間島へ!

来間大橋を渡って坂を登ってすぐ左折、のどかな畑の中の道を海に向かってまっすぐ進んだところに今回の宿泊先「RuGu」があります。

RuGuにチェックイン

来間島RuGu外観
RuGu

RuGu(るーぐー)は2019年の春にオープンした宮古初のグランピングリゾート。名前は「竜宮」に由来するとのこと。

入り口すぐ右手の丸いテントが受付になっており、こちらでチェックインを行います。すでに楽しい雰囲気。若い爽やかなスタッフさんで説明もわかりやすく好印象です。

RuGuのチェックインテント
この中にフロントがあります。

そして宿泊は、ウッドデッキと屋上付きのトレーラーハウス! 車は部屋の前に停められるのも便利。

RuGuのトレーラーハウス
RuGuのトレーラーハウス

中はこんな感じ。横長の部屋の左右端にベッドが2つずつあり、その間にシャワーとトイレ、シンクと冷蔵庫、ソファーとテーブルのスペース。これは部屋飲みも楽しげ……

RuGuのトレーラーハウス室内
実に洒落てます。エアコンもしっかり快適。

夕方からバーベキューなので、それまでに部屋飲み用の飲み物や食べ物を買い出しに行くことにしました。

来間島や来間島大橋周辺には大きなスーパーなどはありませんので、平良のマックスバリュへ(車で20分ほどかかります)。いろいろと買い揃えて、これで夜も安心!

RuGuに戻ったら、いよいよバーベキューです。

RuGuのバーベキューは最高の夏休み感

RuGuのバーベキュー会場
BBQ待機!

RuGuのバーベキュー(※)は、自分たちで火を起こしたり焼いたりする必要は何もなく、専門のスタッフさんが完璧な順番で美味しく焼いてくれるシステム!
野菜の焼き方もテクニカルで、説明を聞くのも楽しい。ピーマンや玉ネギが想定外の美味さで焼き上がります。

※現在はBBQと飲み放題をあわせた「グランピングディナー」というプラン名称になっているようです。

飲み物も野外のバーカウンターで注文。ビールにワインにカクテルに泡盛まで、いろいろ揃ってます。カウンターがこれまた映える。

RuGuの屋外バーカウンター(夕方)
これが……
RuGuの屋外バーカウンター(夜)
こう!

もちろん肉も最高。

あぐー豚
あぐー! 厚切り!

最後はキャンプファイヤー的な焚き火でマシュマロを焼く! まさに完璧な夏休み感。

マシュマロを焼く
燃えよマシュマロ!

RuGuのバーベキュー、最高でした。日帰りでの食事のみのプランも可能とのことで、おすすめです。

夜は星空を楽しみたいところでしたが、雨が降ってきたので部屋飲みで二次会。島の天気は全く読めないので仕方ない……星空は2日目に期待するとして、就寝。

海で眺める満天の星空

RuGuトレーラーハウス屋上からの眺め
トレーラーハウス屋上からの眺め

2日目は朝から来間島の定番スポット(竜宮城展望台、長間浜、PaniPani、etc.)をめぐり、与那覇前浜、砂山を経由して池間島のフナクスで泳ぎ、帰りに宮古島温泉。一度RuGuに戻ってからタクシーで平良市街地へと向かい、島おでんの人気店「たから」で飲み、という観光旅行らしいコース。

すっかり夜も更けて戻ってくると、今夜は空もいい感じに晴れている模様! 星が出ている!

トレーラーハウスの屋上でも星を見ることができますが、せっかくなら歩いて1分ほどのところにあるビーチ、長崎浜へ行くべし。

波の音を聞きながら満天の星空を眺められます。

(星空……iPhone8のカメラでは何も映らずでした……なので写真無し! 無念!)

なんとホタルも飛んでました。

チェックアウト

長崎浜
長崎浜。早起きして散歩するのも最高。

3日目朝、買いすぎた食べ物たちの残りをチェックアウトまでに片付けるタスクが発生(あるある)。朝から島豆腐にスクガラスにうずまきパン……重い……なんとか無事完食。

チェックアウトは部屋に鍵を置いてそのまま出る非対面方式で楽々。お世話になりました。良い宿でした!

旅程最終日ということで土産物屋を経由してから、伊良部島の三角点とイグアナ岩、佐良浜漁港で海鮮丼、渡口の浜を眺めて最後はパイナガマビーチで締め。

九州組の帰りの飛行機が台風の影響で欠航するかもとのことでバタバタしたり(そして見事に欠航して彼らは那覇で一泊することになった……)、いろいろありましたが無事終了。

いつもの一人旅ではできない体験が満載で楽しい旅でした。たんでぃがーたんでぃ。

RuGuグランピング、完全におすすめです!

RuGu宮古島 Glamping&BBQ
〒906-0306 沖縄県宮古島市下地来間156−71
RuGu – 宮古島初のグランピングリゾート(公式サイト)
RuGu宮古島 Glamping&BBQ – Google マップ

Travel沖縄宮古島

2020/11/30 (更新:2020/12/02)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

人気記事

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく