西表島に無計画な日帰り旅~レンタカー3時間で行けるところまで…

2018.11.07

石垣島〜八重山旅行3日目は西表島(いりおもてじま)へ行ってきました。

西表島は八重山諸島に属し、石垣島から西に約30kmのところにある島。島の大部分が亜熱帯のジャングルに覆われた、未開の大自然が残る島として知られています。

西表島への旅行といえばマングローブの森の中の川をカヌーで渡ったり、ジャングルの奥地に滝を見に行ったりするツアーが人気です。しかしその日は台風が近づいていたこともあり、ツアーの多くが利用する島の北側・上原港行きの船は全て欠航。
一方で島の南側にある大原港行きは動いていたので、例によって何も決めずにとりあえず向かってみることにしました。

※記事内の情報は2018年9月25日時点のものになります。


石垣港離島ターミナルから高速船で西表島の大原港へ

海はさすがに少々荒れ模様で、勢いよく飛ばす高速船が上がったり下がったりよく揺れる……!

高速船の窓から見える竹富島
竹富島が見えます。

約1時間で西表島大原港に到着! さっきまでの荒波が嘘のような良い天気です。

西表島大原港
西表島大原港

西表島の暑さは他の八重山の島々の中でも別格と聞いていましたが、たしかになんとなく湿度が高め。

イリオモテヤマネコのパネル

あらゆるところにイリオモテヤマネコのマークやイラストがあります。

路線バスにもヤマネコマーク
路線バスにもヤマネコマーク。

ひとまず港の観光案内所にある「ショップじゅごん」で西表島の黒糖ソフトクリーム。

黒糖ソフトクリーム
夏空が映える……。

ほどなくしてレンタカー屋さんが到着(予約はしておらず現地で電話しました)。帰りの船まで持ち時間は約3時間! さあどうする?

ということで、レンタカー屋のオジーの意見も参考に、由布島(ゆぶしま)で水牛車を眺めてから、島の北側にある美しいビーチ「星砂の浜」まで行ってすぐに戻ってくればおそらく間に合うはず、というプランに決定。さっそく出発です。

旅行前に予習した情報によると、西表島ならではの料理といえばイノシシ! とのことだったので、イノシシ料理が食べたいと思っていたのですが、そんな時間はありません。

西表島でのイノシシの呼び名は「カマイ」。内地のものとは違う種類のリュウキュウイノシシという小柄なイノシシで、刺身でも食べられるそうです。ただし、石垣の居酒屋で西表出身のオーナーさんに聞いた話によると、狩猟シーズンが11月頃からのため「今の時期は古い肉しか食べれないんですよー」とのことでした。新鮮なほど美味いらしいです。

こんな時に頼りになるのはスーパーマーケット!

大原港からすぐ近くに「玉盛スーパー」なるお店を発見したのでここで食料を調達することに。

玉盛スーパーと「ふちゃぎ」の衝撃

玉盛スーパー
この先は上原港方面までほとんど店らしい店は無かったので、買い物するならここで!

島ならではのレアなフードが揃っているかと期待しましたが、いたってスタンダードな品揃えの正統派スーパーマーケットでした。

しかし油断は禁物……車に戻ると同行者の一人がしっかり謎の食品を手に入れているではありませんか!

ふちゃぎ(豆餅)
なんだこれは……

餅の周りに大量の小豆を散りばめたような……料理? 和菓子?
おはぎや豆大福のような甘い食べ物かと思いきや、食べてみると全く……全く味がない!? かすかに塩気と妙な粘り気……これはヤバいものを買ってしまったようです。

調べてみるとどうやらこれは「ふちゃぎ(吹上餅)」と呼ばれる沖縄の伝統料理で、旧暦の8月15日(十五夜)の日にお供えして食べる縁起物なのだそう。

奇しくもこの日は9月25日で、旧暦だと8月16日……十五夜の翌日! ということはつまり売れ残りか! それで半額シールが付いてたわけか! なるほど納得。

とりあえず貴重な体験にはなりました。興味がある人は機会があれば是非……と言いたいところですが、正直わりと食べるのつらい感じのやつです。

由布島で海を渡る水牛車を眺める

気を取り直して由布島を目指し前進!

途中、マングローブが生い茂る川があったので、カヌーに乗った気分を味わうために一時停止。

前良川のマングローブ
これぞ西表島! な風景。

前良川(まいらがわ)という川でした。

そこから10分ほどで由布島(の対岸)に到着!

由布島といえば、西表島から浅い海の上を水牛車が渡ってゆく風景で有名です。駐車場に車を停めて、海の方へと歩いていくと……

いた!

海へと歩き出す由布島の水牛車
とにかく絵になる水牛車。

しみじみと味わい深い……その一方で、さすがは観光名所だけあって人も多く、次から次へと何台もの水牛車が忙しそうに海を往復していました。

由布島の水牛車部隊

渡った先の由布島は島全体がトロピカルな植物園になっており、レストランなどもあるそうです。

しかし我々には優雅に海を渡っている時間はありません。ここから一気に海沿いの道を北上し、星砂の浜を目指します。

イリオモテヤマネコ(の銅像)を発見!

天気は次第に曇ってきて熱帯らしい雨が降ったり止んだり。
島の北側に出ると風もかなり激しく吹き荒れています。そりゃ船も欠航になるわという感じ。

台風は南からやって来ますが、西表島は北側のほうが風が強くなりやすく、秋冬は特に上原港行きの船は欠航になることが多いそうです。

船浦湾を挟んで島の東側と西側を一直線に繋ぐ「船浦海中道路」の入り口には、神々しく輝くイリオモテヤマネコのクールな銅像が。

船浦海中道路のイリオモテヤマネコ像
ちなみに実物のイリオモテヤマネコは夜行性のため、住んでいる人でもなかなか見ることはできないらしいです。

マングローブに囲まれ干潟になった湾の向こうにはジャングルに覆われた壮大な山々……あとで知ったのですがここから「ピナイサーラの滝」という美しい滝が見えるらしい。写真をよーく確認してみると……

ピナイサーラの滝

これかー!

もっとしっかり鑑賞しておけば良かった。何事も予習は大事です。

海中道路を渡ると上原港エリア。そこから少しで目的地の星砂の浜に到着です。

圧倒的な透明感のビーチ! 星砂の浜

星砂の浜への入り口

星砂の浜の周辺はペンションなどもあり、リゾート感あふれる雰囲気が漂っています。

駐車場からトロピカルな植物に囲まれた小道を海のほうへと歩いて下っていくと、白い砂浜と眩しいエメラルド色の海が目の前に!

星砂の浜
これぞ南の島の海の色。

ちょうど良いタイミングで空も晴れて素晴らしい景色! ビーチのすぐ近くの岩場でもサンゴや熱帯魚が見られるとのことで、シュノーケリングをしている人もいました。

しかし沖のほうを見ると高い波が荒れに荒れています。おそろし。

星砂の浜の透明度
それにしても水の透明度!

ビーチへと降りる手前にはレストランがあり、ここのテラスから見下ろす風景が星砂の浜では「最強」らしいですが、我々にはもう時間が残されていません。速やかに大原港へと戻ります。

帰りは途中からふたたび雨に。降ったり止んだりが本当に激しい……当初はレンタルバイクも楽しそうーなどと考えていたのですが、レンタカーで正解でした。

無事に船の時間の30分ほど前に港に到着!

大原港に戻る際の注意点としては、道路の案内板などでは大原港ではなく「仲間港」という表示になっていること。
実は仲間港のほうが正式名称で、大原は周辺集落の名前に由来する通称なのだそうです。

ちなみに北側の上原港も同じ理由で正式には「船浦港」らしい……。

船の時間まで土産物屋で西表島らしいお土産をチェック。リアルな山猫がプリントされた「西表山猫チョコチップちんすこう」を購入しました。島内2箇所でしか売ってないそうです。

いい顔! POP書体も味わい深い。

旅のまとめ

そんなわけで、何の予定も決めずに西表島に行ってみるとどうなるか企画でしたが、さすがに3時間だと慌ただしい……楽しかったけど! マングローブの川も由布島も星砂の浜も素晴らしかったとは言え、西表島の見どころはまだまだきっとこの20倍くらいあるに違いありません。

なんと言っても西表島は沖縄で本島の次に大きな島。石垣島や宮古島よりも広い島なので、本当はやっぱり宿泊で来るのが正しいのでしょう。

ツアーアクティビティの定番であるカヌーやカヤック、トレッキングに滝めぐりも、実は西表島には複数の大きな川と滝があるので、行き先もコースも様々。主要な見どころだけでも全制覇するためには、何度も通うか長期滞在するしかないわけですね。おそるべき魅力の深み!

また、ビーチも定番から穴場まで、自然のままの美しい砂浜が各所にあり、ビーチ好きの人はハシゴして回るのも楽しそうです。

路線バスも走っており、1日乗り放題きっぷなどもあるらしいので時間に余裕があればゆっくりバスの旅も可能。一人旅などには良さそうですね。

ということで、これはもう再訪するしかない感じ。次はもっと天気が安定している時期に訪れたい……。

日帰りで西表島に行く時に押さえておくべきポイント

西表島の観光案内図

ツアーを使わず自力で西表島の日帰りプランを組む場合、押さえておくべきチェックポイントは、以下のとおり。

  • ・石垣島(石垣港離島ターミナル)から西表島に行く船は、北の上原港行きと南の大原港行きの2種類がある。
  • ・石垣港からの時間は、上原港までが約40〜45分、大原港までが約35〜40分。
  • ・観光スポットが集まっておりツアーの拠点になることが多いのは上原港。
  • ・上原港行きは欠航になることも多い(特に秋冬)。
  • ・大原港から上原港までは車で約50分。
  • ・由布島は水牛車で渡って観光して戻ってくるなら2時間くらいは見といたほうがいい(レンタカー屋さん曰く)。

以上を押さえておけば、わりと柔軟にプランが組めるのではないでしょうか。結局は時間が全てなので、早起きして朝早くから行けばいくらでも楽しめるはず。

大原港からは、予約無しで乗れる仲間川のマングローブクルーズの船も出ているので、時間が合えば予定に組み込むのも良さげです。

どちらさまも良い旅を!

Travel沖縄石垣島・八重山諸島

2018/11/06 (更新:2018/11/07)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく