タイの爽やか系シンセポップが初夏向け ~ PARIMと最近の気になる新曲

最近のタイのインディー系シンセポップが爽やかで今の季節に気持ち良いのでよく聴いています。

PARIM

1月に出たシングル「Say Hey」がトロピカルで甘くてゆるくて気になっていたPARIM。新曲「11.15AM」が3月末にリリースされて、これがまた最高に初夏感なのでした。

PARIM – 11.15AM (Official Audio)

PARIM(พาริม/パリム)ことYanisa Kaiyasutはタイの女性シンガーで、2017年3月に「La La La」でデビュー。マヒドン大学の音楽カレッジを卒業し、本職は子供の歌の先生らしいです。
楽曲とプロデュースを手がけているのはバンコクのエレクトロ・ポップのレーベルComet Records BKKの創設者でもあるCasinotoneことJakchai Panchanon。

Casinotone

そのCasinotoneは10年以上前から活動しているソロプロジェクトのようで、新曲を聴いてみるとなるほどやっぱり同路線の良い音です。

Casinotone – Exit (Official Audio)

EAOWEN

そして同じくComet Records BKKから先月リリースされた新人女性歌手EAOWEN(オーウェンと読むらしい)のシングル「Back Again」もいい感じ。こちらは本業グラフィックデザイナー、だそうです。

EAOWEN – Back again (Official Audio)

プロフィール文を見てみると、Aztec Camera、The Smith、Camera Obscuraなんて単語が出てきます。いいねを連打したい。

というわけで、Comet Records BKK、どれも良い感じなので以下よりいろいろ見て聴いてみて下さい。

共通点はシンプルなエレクトロニック・ビートと浮遊感、透明感のあるシンセのアンビエンス、そしてほんの少しだけロックでファンクなギター。

いわゆる「シティ・ポップ」や「アーバン」まで行かない、もっとインディーポップ寄りでポスト・パンク的なゆるさとミニマル感。筆者の世代的には、そこになんともいえない懐かしさと親しみを感じてしまいます。米国音楽の付録CDに入ってそうな感じ……と言えばわかる人にはわかるでしょうか。90年代末から2000年前後のあの頃の感じ。

KIDNAPPERS

同系統のサウンドでずっと好きなグループ、KIDNAPPERSも新曲が出ています。

KIDNAPPERS – บอก (Tell Me Why) | (OFFICIAL MV)

KIDNAPPERSの過去の作品はMUMUMAGでも紹介していますので、興味がある方はあわせてご覧ください。

INK WARUNTORN

そして別記事でも紹介した INK WARUNTORN。最新MV「Old Feeling」は大阪で撮影されています。おそらく心斎橋のあたり。

ยังรู้สึก [ Old Feelings ] – INK WARUNTORN [ Official MV ]

涼しいシンセポップで快適な夏を過ごしましょう。

MusicレビューMusic特集・まとめ

2018/04/29

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく