Dingo Bells「Sinta-Se em Casa」~70年代風味のグッドミュージックすぎるポルトアレグリの3人組

2018.02.10

ブラジル南部リオ・グランヂ・ド・スル州ポルトアレグリのバンド Dingo Bellsの2017年11月に公開された最新曲。
最近偶然AppleMusicで見つけて聴いたのですが、古き良き70年代ポップロック感あふれる良い曲だったのでお気に入りに追加。

クルビ・ダ・エスキーナと70年代のビーチボーイズと現代のインディーギターバンドが融合したような音で、好きな人にはたまらないのではないでしょうか。
中盤のベースのブレイクからサーフでAORなコーラスハーモニーに流れる展開とかもう最高。
スティーリー・ダンにも影響を受けているようです。

シュールな映画風のMVも面白い。

2015年にファーストアルバムをリリースしており、今回の新曲は次に出るセカンドアルバムからの先行曲とのこと。

ファーストアルバムも良い作品です。

2016年のCultura Livreでのスタジオライブ映像。1曲目から最高なのでぜひ観てください。ドラムがメインボーカルなんですね……そしてみんなでハモりまくり。

バンドやろうぜという気分になります。

Musicレビュー

2018/01/15 (更新:2018/02/10)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram