Cícero&Albatroz~ブラジル・リオのSSWがバンドとともに躍動感を増した新作

2018.02.10

ブラジル、リオデジャネイロのシンガーソングライター Cícero(シセロ)のニューアルバム『Cícero & Albatroz』が12月8日にリリースされました。

CíceroことCícero Rosa Lins(シセロ・ホーザ・リンス)は、1986年リオ生まれ。
2011年にアルバム『Canções de Apartamento(アパートの歌たち)』でデビュー。タイトルのとおり自宅のアパートで全ての楽器を彼自身で演奏したという作品で、サンバ、ボサノヴァ、MPBの影響と現代のオルタナ~インディー・ロック的なサウンドが融合したような内容でした。
その後、2013年に2ndアルバム『Sábado(土曜日)』、2015年に3rdアルバム『A Praia(浜辺)』をリリースしており、今回の『Cícero & Albatroz』が4作目となります。

MVも面白い

今作はタイトルからもわかるように Albatroz(アルバトロス)というバンドとともに制作されたもの。

Bruno Schulz (órgão eletrônico/電子オルガン)
Gabriel Ventura (guitarra/ギター)※リオのバンドVentreのメンバー
Uirá Bueno (bateria/ドラム)
Felipe Pacheco Ventura (violinos e wurlitzer/ヴァイオリンとウーリツァー)
Pedro Carneiro (wurlitzer/ウーリツァー)
Matheus Moraes (trompete/トランペット)
Vitor Tosta (trombone/トロンボーン)
―情報出典:Cícero: “Cícero & Albatroz” – Miojo Indie

楽器編成を見ても、決してゴリゴリのバンドサウンドになっているというわけではなく、基本的にはこれまでの彼の音楽性を引き継いだサウンドですが、躍動感が大きく増した印象。
1曲目から生々しいドラムのサウンドがたまりません。
3曲目のギター、ピアノ、ドラムの絡みなどは、どこかビートルズのようでもあり。
ポップでコンパクトな良いメロディと、歌い上げないソフトなボーカルは変わらず魅力的です。

Spotifyはこちら:
Spotify Web Player – Cícero & Albatroz – Cícero

今回の配信にあわせて、過去の作品もAppleMusicに追加されたようです。どれも「2017年」と表示されていますが、リリース順は前述のとおり。また、検索すると同名の別アーティストの作品も一緒に出てくるのでお気を付けくださいませ。

どのアルバムも良いですよ。

デビュー作から好きなアーティストなのですが、日本人にとってイメージしやすい「ブラジル感」だったり、国境を越えて伝わる「先鋭性」「革新性」みたいなものが薄いタイプの作品は、どうしてもなかなか日本で紹介される機会が少なくなりがちなので、積極的に取り上げていきたいところです。

Musicレビュー

2017/12/17 (更新:2018/02/10)

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このブログについて

Junineblog「未知との遭遇の日々」は、好奇心を忘れず生きていくためにいろいろな場所へ行き、いろいろな音を聴き、いろいろなものを食べよう、というブログです。

もっと詳しく