ベルギーの若き才能あふれる女性歌手 Angèle(アンジェル)

フランスの雑誌レザンロックのAppleMusicプレイリストで見つけた気になるアーティスト、Angèle(アンジェル)。

1月にリリースされたシングル「Je veux tes yeux(あなたの目が欲しい)」。

歌詞はフランス語で、フレンチポップらしい影のある美しいメロディーに、今っぽいラップ~HIPHOP的なトラックが自然に融合したサウンド。

調べたところ、これが2作目で、デビュー曲は2017年10月にリリースされた「La Loi de Murphy(マーフィーの法則)」。

なるほど同路線のサウンド。映像を探して観てみると、ビジュアルも完全に可愛い。

Angèleのプロフィール

最新のインタビュー映像 ©Entrée libre

AngèleことAngèle Van Laekenはベルギーのブリュッセルの生まれで、現在22歳。

父親はシンガーソングライターのMarka(マルカ)、母親は女優のLaurence Bibot(ローレンス・ビボー)、兄はラッパーとして活動するRoméo Elvis(ロメオ・エルヴィス)という芸能一家の出身で、子供の頃からピアノを弾いていたとのこと。ジャズピアノを学び、影響を受けたアーティストにはエラ・フィッツジェラルドを挙げています。
デビュー前はインスタグラムの動画で自分の歌を公開したり、兄のライブに共演したり。

兄のRomeo Elvisとの共演。兄もイケメン。

下記のインタビューによると、好きな映画はハヤオ・ミヤザキのポニョ、好きな食べ物は日本食、寿司とラーメン、などと語っています。まじか!

好感度高すぎでは。

ということで要注目です。今年アルバムリリース予定のよう。

AppleMusicだと全く同じ名前(しかもフランス語曲)の別アーティストも一緒に出てくるのでお気をつけて。

Musicレビュー

2018/02/25

書いた人:

旅と音楽。最近の時の流れの速さと記憶力の低下に危機を感じ、いろいろなことを記録しておくために書き始めました。元CD屋。ブラジル他ワールド音楽とジャズとKPOPを中心に何でも聴きます。普段はHTMLやCSSやSEOなどの人。時々ギターと太鼓。寒さに弱すぎるため旅先は基本的に南。釣りたい魚はグルクンです。

Twitter | Instagram